ニュース・イベント情報

お知らせ

2020年度「宗祖親鸞聖人報恩講」を行いました

崇徳学園では毎年11月28日に、本願寺広島別院輪番様を御講師にお迎えして、
「宗祖親鸞聖人報恩講」を執り行っています。
また、昨年の報恩講から今年の報恩講までの1年間、崇徳学園に関係する方で亡くなられた方を追悼する
「学園関係物故者追悼法要」もあわせて執り行っています。


本来は、体育館に全教職員・生徒が集まって式を行っていますが、
今年度は、講堂と教室とに分かれての行事で、講堂での式典の様子を全教室に配信する形となりました。

形は変わっても、式典の意義は変わりません。 宗祖親鸞聖人のご苦労を偲び、
亡き人を縁として手を合わせ、仏さまの「み教え」を聞かせていただきました。
本式典は、「み教え」に出遇わせていただき、
「いのちのあり方」や「わたしの生きかた」を考えさせられる尊いご縁となりました。