学校法人崇徳学園

特色ある講座

基礎学習

中学段階の「わかる授業」では「復習」を徹底。
「わからないところを翌日に持ち越さない」授業を徹底的に行うことにより、大切な基礎学力を確実に養成します。

 

中学1・2年における「わかる学習」とは「教えられたことが確実に理解できる授業、身につく授業」を意味します。
わからないところをわからないままにしておくと先に進むことができません。それがいわゆるつまずきの原因になり、ひいては授業が面白くなくなり、やる気を失ってくるという悪循環に陥ります。

 

これを実現するため、とりわけ力を入れているのが「復習の徹底」です。主要科目である英・数・国について、ほぼ毎日「小テスト」を実施し、それまでに習ったことが、しっかりと理解できているかを確認します。
できなかった問題があれば、放課後に「わかる学習」を実施し、徹底的にフォロー。教師が見守る中、自力で正解が出せるようになるまで残って頑張ります。
「わからないところを翌日に持ち越さない」ことによって、大切な基礎学力を着実に養っていきます。

 

練成学習

中学3年において、成績上位者の中から選抜して行う特別補習です。合否の鍵を握る英・数の2科目につき、崇徳オリジナルの厳選問題集(数学)を使い「予習形式」で進めます。

予習により「学習する習慣」が自然と身につき、実力が大きく伸びます。
厳選問題集(数学)は練成クラス外の生徒にも配布し、個々の学力アップに努めています。

 

テキストは厳選問題を集めた本学園オリジナルの演習テキスト(数学)で、授業予定の箇所を生徒があらかじめ学習。実際の授業では解答と解説のみを行う「予習形式」で進めます。

 

予習をきちんとこなしておかなければ理解しにくい授業のため、生徒は「学習する習慣」を必然的に修得。
復習の役割を果たす「わかる学習」とも相まって、個々の実力が大きく伸びていきます。

 

ベネッセテスト・進研模試

全国模試に学校単位で受験。学力到達度を知るための模擬試験には、全国規模の模擬試験で定評あるベネッセの「ベネッセテスト」「スタディサポート」高校からは「進研模試」を採用。高校から入学した生徒も、進学コースは「進研模試」を、特別進学コースは河合塾の「全統模試」を受験し、自分たちの実力を測ります。
同テストは校内順位だけでなく、「全国の受験生の中で自分の成績はいま何番か」を客観的に知ることができ、次のステップに進むための優れた指針となります。

受験対策講座

高校2〜3年次には、英・数・国・社・理の5教科で問題解答を中心とする「演習授業」を徹底。
最近の入試傾向を踏まえた精度の高い教材を用いて合格直結の実力を養い、精神力も鍛えます。

 

休暇練成セミナー・強化補習

長期休暇中も学習意欲と学力レベルを常に高く維持していくため、各段階ごとに「休暇練成セミナー」を開催。英・数・国を中心に、社・理を加え、万全を図ります。

 

また、進学コースでは希望生の休暇補習、特別進学コースや発展クラスでは全員参加の強化補習が長期休暇ごとに行われ、着実に実力を養成していきます。

こころの教育

仏教、とりわけ浄土真宗のみ教えを通して心の育成・人格形成に力を注いでいます。本学園では、仏教の教え、特に親鸞聖人のみ教えを教育のバックボーンとしています。豊かな心、他人を思いやる人間性は、一朝一夕に育つものではありません。

 

週1時間の「宗教」の授業、朝の仏参や様々な宗教行事によって宗教的な心を学びます。そして、自分自身をかえりみながら、私たちが大きないのちに支えられていること、自己の罪悪性・自己中心性に気づかせること等を学びます。それがひいては私たちが心豊かに生きることにつながってくると思います。

 

本校では、週1時間の宗教の授業や週1〜2回の講堂での仏参、仏教コースの生徒有志による毎日の早朝仏参や毎月16日の仏参、「花まつり」などの宗教行事では講師を招いてのご法話や講演等を行っています。これらの宗教行事を通じて、自分自身を見つめる眼(まなこ)を育んでいきます。この時分に身についた教えは、在学中はもとより卒業後も一人ひとりの心の糧として人生の指針となってくれるでしょう。

 

三大仏教行事

 

本校では、三大仏教行事として、
花まつり(4月)、降誕会(5月)、報恩講(11月)が行われています。
また、降誕会と報恩講の行事の時、中学校では行事の意義に鑑み、日頃お世話になっている近隣への清掃活動を行っています。

 

さまざまな取組み

中1〜高1と高3で、週1時間の宗教の授業を行っています。そこでは、決して特定の宗派の押しつけはいたしませんが、本校が浄土真宗本願寺派の関係学校という関係上、テキストを使用して特にお釈迦さま、親鸞聖人の人生をたどりつつ、以下のような目標を設けています。

 

 

 

  • 自他すべてのいのちを大切にし、争いのない人間関係を目指す。
  • 私たちのいのちは、単独で己の力で存在しているのではなく、無限の生命のつながりの中に縁あって育まれてきたものであることに気づく。
  • 迷信・俗信が道理にそぐわないことに気づかせ、正しい宗教理解・宗教観を身につける。
  • 自分中心の人生ではなく、多くのものや他のいのちに生かされていることに気づく。
  • 自己の罪悪性、自己中心性が結局自分を悩まし、争いの原因をなることに気づく。
  • 自分の人生について深く考え、真の自律した人格を形成する。

ホーム サイトマップ
崇徳学園について クラブ・行事 入試情報 生徒・保護者の皆様 崇徳blog