学校法人崇徳学園

進路指導方針

 

中高一貫コースでは6年間を3期に分けて、個々の適正を重視した指導を行っています。中学から高校へのよりスムーズな移行、そして適正に応じた学力の修得と進学対策などを目的に、それぞれの階段に応じた適切な指導を行っています。
3年制コースでは、入学して間もない時期から大学受験を意識させ、目標を明確に持って文理選択に望めるように進路学習を行っていきます。
各教科のきめ細やかな指導はもちろんのこと、担任、進路指導部が一体となった進路指導は本校の有する最も大きな財産の一つです。

 

進路選択にあたり、一人ひとりの生徒を力強くサポートしていきます。生徒の適正に応じて進路をともに考えるという、親身の進路指導を行い、まさにマラソンランナーとコーチの関係のように生徒と先生が一体となって、現役での大学合格という目標をクリアしていきます。

 

クラス担任と複数の教師があたる進路指導では、成績だけでは判断できない資質や可能性を、生徒本人と一緒に模索します。また、生徒一人ひとりに対しても、担任、教科担当、進路指導部長が互いに連携しあって、徹底的な学力分析から具体的な学習計画を立て、目標達成までの長い道のりをサポートします。

個々の希望・適性に応じたきめ細かな指導!

進路の選択は、人生の選択。大きな決断を助けるのが、就職と進学それぞれの専門のスタッフです。何に向いているのか、どんなことがしたいのかを共に考え、適性検査や模擬試験を参考に親身に相談にのり、アドバイスします。
そこで一番大切にしているのは、生徒一人ひとりの希望。
また、保護者のみなさまにも進路について理解していただけるよう、学年ごとの説明会も定期的に開いています。

 

コンピュータを駆使した進学指導・進学相談

1〜3年までの模擬試験結果をもとに、コンピュータによる進学指導・相談を行っています。試験結果を随時入力・分析することにより、学力変化に応じた適切なアドバイスを実現。また、生徒の希望と試験結果などから大学を検索することで目標が明確になり、学習意欲向上といった効果もあります。

 

一人ひとりの希望と適正、実力に応じた的確な進路指導

大学進学に向けて、三者面談・個人面談を繰り返し行い、生徒の希望・適性・学力を総合的に判断しながら、進路指導部と担任が一体となったきめ細かな進路指導を行っています。

 

また、模擬試験結果をコンピュータで分析、微妙な学力変化に応じた適切な指導を行うなど、コンピュータを利用した進学指導・進学相談を実施しています。 このシステムは、個々の生徒に合った資料が短時間で作成できるため、効率的かつきめ細かな指導が実現できます。
特に3年次には、個人の希望と模擬試験の結果・受験科目を入力、全国の大学から検索するなど、志望校決定に役立てています。その他、インターネットから得られる最新の大学情報・入試情報をタイムリーに提供しています。

 

教育相談室

人間誰しも悩みを持っており、ましてや青春まっただ中の生徒のみなさんは、多くの悩みを有していると思います。進学、就職のみならず、友人関係、家族関係等、さまざまな悩みをお持ちではないでしょうか。そんな生徒のみなさんに教育相談室の門戸は開かれています。
相談の内容については部外秘となっており、外部に漏れることはありません。
どんなことでも結構です。悩みを持っていない人はいません。どうぞ恥ずかしがらずに気楽に部屋を訪れて下さい。


ホーム サイトマップ
崇徳学園について クラブ・行事 入試情報 生徒・保護者の皆様 崇徳blog