在校生・保護者の方へ

気象警報発令時の措置について

  1. 午前6 時以降、「広島市」に「大雨警報」「洪水警報」の両方が、または「暴風警報」「暴風雪警報」「大雪警報」のいずれかが発令中であれば、自宅待機とします。「特別警報」発令中の場合は休校となります。身の安全の確保に最善を尽くしてください。
    ○注「広島県南部」「広島・呉」ではなく、「広島市」でご確認ください。
  2. 自宅待機中、午前9 時までに「大雨警報」「洪水警報」のどちらか解除、または「暴風警報」「暴風雪警報」「大雪警報」が解除された場合は、午前10 時30 分までに登校、午前10 時50 分より3 校時目以降の授業を行います。
  3. 自宅待機中、午前9 時においても「大雨警報」「洪水警報」のいずれも解除されない場合、または「暴風警報」「暴風雪警報」「大雪警報」が解除されない場合は、休校とします。
  4. その他の警報発令中の場合は、原則として通常通りの登校とします。
  5. 登校中に、自宅待機となる「警報」の発令を知った場合は、自宅へ引き返すことを含め、安全を最優先に行動してください。
  6. 始業後に、「警報」が発令された場合や交通機関の運転見合わせが予想される場合は、安全を最優先に対応を決定します。
但し、上記の措置に加え、居住する地域が「広島市」に該当しない生徒は、以下のように対応します。
(1) 午前6 時において自らが居住する市または町において、1.と同様に警報が発令中であれば自宅待機とします。
(2) 自宅待機中、午前9 時までに2.と同様に警報が解除された場合は、原則として登校し、3 校時目以降の授業を受けることとします。
(3) 自宅待機中、午前9 時においても3.と同様に警報が解除されない場合は、終日自宅待機とします。
*警報発令時による欠席・欠課は「公認」とします。
*なお、船舶の欠航・遅延などによる欠席・欠課も「公認」とします。
★上記に該当しない場合でも、安全に登校ができないと思われる場合や、交通機関や道路の状況などにより登校が難しいと思われる場合は、自宅待機や休校とすることもあります。また、保護者の判断で自宅待機する場合は、その旨を学校に連絡してください。
★「崇徳学園メール連絡網」による一斉配信も同時に行います。