学園について

2020年4月、崇徳は男女共学へ。

伝統に新しい風を 2020年4月 男女共学スタート

1875(明治8)年、親鸞聖人のみ教えをもとに創設され、文武両道の男子校として社会に多くの人材を輩出してきた崇徳学園。
創設から140余年が経過した今、建学の精神に基づく伝統を守りながら男女共学化を推進し、さらなる進化をめざします。
先行きの予測が困難な複雑で変化の激しいこれからの時代を生き抜き、社会に貢献できる力を育む多様な教育を実践していきます。

建学の精神

崇徳興仁 務修礼譲
 親鸞聖人が「真実の教え」とされた仏説無量寿経の中に「崇徳興仁 務修礼譲」があります。本学園創立にあたって、明治時代の本願寺門主「明如上人」から『善い行いを尊び(崇徳)、思いやりの心をおこし(興仁)つとめて礼儀を守り互いに譲り合う(務修礼譲)』という教えを賜り、これを建学の精神としています。

校訓四綱領

一、心身ともに健康で、たくましい行動力のある生徒
一、豊かな心をもち、誠実さにあふれた生徒
一、学ぶことに喜びをもち、高い目標に向けて力いっぱい精進する生徒
学校法人崇徳学園 理事長 奥田耕造

未来に羽ばたく「人」の育成をめざして

学校法人崇徳学園 理事長 奥田耕造

今日、情報・国際社会の進展、グローバル化により、女性の社会参加や男性の意識の変革などが求められ、国においても様々な施策が進められております。崇徳学園は、今後一層男女が協力し合って社会を創っていくことの必要性に鑑み、男女が共に学び、生活し、お互いを高めていく教育をめざして、校舎の新設などの準備を進めてまいりました。いつの時代でも豊かで平和な社会、生きがいのある社会をつくっていくのは「人」です。崇徳はそうした人材を育ててまいります。2020年4月に、皆さまのご期待に沿うべく、「将来の我が国を支え」「未来に羽ばたく」堅実な「人」の育成をめざして男女共学を開始いたします。

崇徳中学校・高等学校 校長 髙木哲典

教育のあるべき姿を求めて

崇徳中学校・高等学校 校長 髙木哲典
少子高齢化やグローバル化といった社会的変化は、予測を超えた速さで進みつつあります。また人工知能の発達によって、産業や社会の構造が大きく変化するとも言われています。こうした状況に対応するには、自らが様々な情報をしっかりと受け止め、主体的に判断し、他者とともに協働連携して課題を解決していく力が必要となります。崇徳学園は、このような時代の要請に応えるため、学園の教育改革を進める中で新たに男女共学を開始いたします。建学の精神「崇徳興仁務修礼譲」はこれからも次代へと受け継がれてまいります。学園のさらなる発展にご期待ください。

新制服紹介

新制服紹介
細部については、変更する場合があります。

高等学校特別進学コースから段階的に共学を実施

共学開始年度スケジュール

新たな崇徳との出会いを体感ください

崇徳中学校 Open School

内容 実施日 会場
第1回オープンスクール・学校説明会 7/14<日> 崇徳学園
第2回オープンスクール・入試説明会 11/23<土・祝> 崇徳学園

崇徳高等学校 Open School

内容 実施日 会場
第1回オープンハイ・学校説明会 6/29<土> 崇徳学園
第2回オープンハイ・入試説明会 10/20<日> 崇徳学園

※詳細については、決定次第ホームページ等にてお知らせします。

文化祭(中高合同)

11/3<日・祝> 9:00〜15:00<一般公開>