崇徳中学校

カリキュラム

夢を叶える学力の育成

個人の能力開花の時期は一人ひとり異なります。
学習の方法やコツを素早く身につける生徒もいれば、
それがうまくできずに悩んでいる生徒もいます。
しかし、頑張り続けているうちに、
自分の可能性を見つけることができます。
生徒一人ひとりの個性や進路に応じた学力の育成を実践しています。
個性を生かし夢に向かって高校進学時に希望するコースを選択することができます。

本校では高等教育のベースとなる英数国の時間数を標準より多めに確保し、
中学段階で確かな基礎学力を身につけられるカリキュラムになっています。
また、6カ年教育であることのメリットを活かし、高校での学習内容を取り入れつつも
無理のない範囲で発展的な学習を行い、応用力も身につけます。

詳しいカリキュラムについては こちら をご覧ください

基礎基本の徹底学習

わかる学習・理解力UP学習

各教科において定期的に「小テスト」を実施し、授業の理解度を確認します。特に中1、中2では、英・数各教科の小テストを満点合格とし、合格しなければ、週1回行われる「わかる学習」において、内容を理解するまで、徹底的な補習が実施されます。 中3では、英・数の小テストで基準に達しなかった生徒には「理解力アップ学習」を実施します。その週の内容を理解するまで、「補習」を実施します。

学力強化補習

定期テストにおいて、一定の基準を満たしていない生徒に対して長期休暇に補習を実施し、各学期の内容を理解できるようにします。

発展的な学習

各種検定試験受験

本校で受験できる主な検定例
・実用英語技能検定
・漢字検定
・数学検定
・ニュース検定
・ICTプロフィシエンシ—試験
大学入試に向けて、中学校から一人ひとりが様々な分野に興味を持ち、学習することを目的として、各種検定試験を受験しています。
特に実用英語技能検定は、各学年で目標級を設定し、クリアできるように普段の授業から意識し、全員が受験しています。
また、英語が得意な生徒は長期休暇で高校生と混ざり、準2級や2級を目指した講座を受講しています。

一人ひとりに丁寧な指導をし、個性を伸ばす

少人数教育

本校では1クラスの人数を30人程度とし、少人数できめ細かい授業を展開しています。
また、中学校1年生の英語の授業では、クラスをさらに半分に分け、15人程度で授業を展開しています。

詰め込みではなく、定着を

フォーサイト手帳
フォーサイト手帳
効率的なカリキュラムで、無理なくゆとりを持った教育を実施し、「知識」「技能」を詰め込むのではなく、「思考力」「判断力」「表現力」が身につく教育を行います。グループ学習などを通し、自分たちで課題を見つけ、主体的に動く力をつけられるよう取り組んでいます。
また、全学年で「classiのポートフォリオ機能」や「フォーサイト手帳」を活用し、日々の生活の振り返りや、目標達成のための行動計画を立て、将来に向けての「自立力」を高めていきます。

ICTを活用し、よりわかる授業の展開

今回の新築・改修工事で全教室にプロジェクターを設置しました。
このプロジェクターを授業で効果的に活用することで、今まで以上に分かりやすい授業を展開することができています。
また、生徒用iPadも学校側で用意し、一人1台体制での授業展開も可能です。

特色教育

英語教育に力を入れています。中1では1クラスを2分割し、少人数での授業を1年間行っています。また、ネイティブの先生による英会話の授業を行い、英語で表現できる能力を身につけます。朝の読書の時間にも英語の本を読みます。わからない単語があってもドンドン読み進めてストーリーを追っていきます。
保育園訪問では、園児たちと触れ合います。生徒たちのやさしさがあふれています。
  • ネイティブ

    中1から中3までネイティブの先生の授業を受けます。 友達や先生と生き生きとコミュニケーションを取り、楽しみながら生きた英語を身につけます。

  • 英語で朝読

    週2日、英語の本(Oxford Reading Tree)を朝読で読みます。わからない単語があっても読み進めます。

中2 保育園実習

保育園実習のために、家庭科の授業で園児のためのおもちゃを自作し、園児達と直接触れあうことにより、自分が育ってきた過程を知って、周囲に感謝することを学びます。また、将来の育メンにもつながる事も期待しています。